無料コンサルティング

なぜホームページ(ウェブサイト)が必要なのか、何が目的のホームページなのか、目的を明確にすることは、ホームページのデザインや構成、開設後の運営・管理を考える上で最も重要なことです。

なぜホームページ(ウェブサイト)が必要なのか、何が目的のホームページなのか、目的を明確にすることは、ホームページのデザインや構成、開設後の運営・管理を考える上で最も重要なことです。

既存ホームページのよくあるケースとして「ホームページを制作したけれど、思った以上にアクセスが増えない、注文、資料請求、問い合わせが少ない、これじゃあホームページなんて役に立たない」という方がおられますが、こうしたホームページは例外なく「ホームページの目的」が漠然としています。

ホームページを制作する際にもっとも重要なのは、

ホームページの目的を明確にすること」です。ホームページを使って何をしたいのか、ホームページに訪問してきたユーザーに「何をしてほしいのか」を明確にすることが重要です。

ホームページ制作の目的で、一般的なケースとしてよくあるのが、

商品・サービスの販売(ネットショップ)

ホームページ上で、商品やサービスの注文を受け付けるために制作するホームページ。
いわゆるネットショップであり、購入者から信頼感を得ることによりリピーターが増え、売上げが上がります。

サンプル請求

無料、割引価格などで、サンプル商品の申込み用ホームページ。
商品・サービスの販売を最終目的とし、初回購入への入り口を和らげるために、
サンプル請求を目的としてホームページを制作する。

資料請求の獲得

商品パンフレットや小冊子等の各種資料の請求を
目的として制作するホームページ。

メールアドレスの獲得

Eメールによる二次販促活動のため、ユーザーのメールアドレスを収集する事を
目的として制作するホームページ。

問合せ受付

「お問い合わせはこちらまで」という形で、ユーザーからの電話やメールでの質問や
問合せを求めるホームページ。
現在の営業スタイルが、「広告掲載」→「電話での問合せ受付」というパターンの会社は、この問合せ受付型のホームページを制作すると、成果が出やすくなります。

情報(ニュース)提供

ユーザーに役立つ情報やニュースをホームページに掲載する事を目的として制作する
ホームページ。
情報を提供することによりネット上でその情報に関連する広告掲載を促し、広告収入を
得ることができる。

会社案内・商品紹介

自社の商品説明や会社概要・理念を目的として制作するホームページ。
会社概要や企業理念の説明ページなどもあり、会社やショップでパンフレットを渡すように、ホームページで商品スペックなどを掲載することによってパンフレットの役割を担う。

 
対象となるジャンルはありましたでしょうか、上記では一般的なものを挙げてみましたが、
ふじりん電気では、明確化できないホームページの内容をよりわかりやすく、より具体的にアドバイスや提案もできます。ホームページの目的が漠然とされている方、まずはお問い合せください。

お名前 (必須)
会社名と部署
メールアドレス (必須)
メールアドレス (確認用)
URL(既にお持ちの場合)
電話番号
ご相談内容 (必須)
右の記号をご入力ください
(スパム防止のため)

captcha
送信確認
上記内容の確認できましたらチェックを入れてください。
送信

関連記事

ページ上部へ戻る